キャバクラ派遣で働く派遣キャストの場合、副業をする事になるためとくに昼職を持っている方は注意が必要です。
というのも、お金を稼ぐとどうしても税金が絡んできてしまいます。
税金は大きく分けて2種類。
国に納める税金(国税・所得税)県や市町村に納める税金(県民税・市町村民税など)です。

一定収入以上を得てしまうと確定申告が必要になりますので要注意です。
さらに昼の会社にバレないように工夫をしなければなりません。
このページでは副業と税の申告などについて分かりやすくまとめています。
是非参考にしてくださいね。

そもそも派遣会社からもらうギャラの名目は何?

例えば会社で働くOLやコンビニ店員がお店や会社から報酬をもらった時、
その報酬はどのような名目で支払われているのでしょうか?
この場合まず100%給与所得になります。
ではキャバクラ店で働いたキャストはどのような名目で報酬をもらうのでしょうか?

各店舗によって違いはあるのですが、
バイト感覚で働いているキャストの殆どは雑所得事業所得として報酬を受け取っているはずです。
一部の正社員キャストは給与所得になります。

もし雑所得や事業所得として収入が一定額以上になった場合、確定申告を行う必要があります。
また2か所以上の会社やお店から給与所得をもらっている場合も同じく税務署での申告が必要です。

まずは派遣会社からもらうギャラの名目を調査しなければなりません。
もし昼間はOLとして働き夜にナイトワークをするパターンの場合、
ナイトワークの報酬が「給与所得」であれば金額に関わらず確定申告の対象になってしまいます。

派遣会社で確定申告指南をしてくれるケースも

キャバクラ派遣では昼間にOLをしている方も働いています。
学生や主婦の方も一定額以上の収入があれば確定申告の対象になるため、会社側でしっかり指導をしてくれる親切なサービスもあるんですね。
分からない事があれば担当者にしっかり聞いておくと良いです。

もし派遣キャストとして得た報酬が年間20万円以下(必要経費を差し引いて手元に残った金額)であればセーフ!
確定申告の必要はありません。ところが20万円を超えてしまうとアウト!
申告しなければ脱税になってしまいます。

「今年頑張ったから報酬が50万円になるけど、このまま黙っておけばいいよね」では済まないのです。
派遣会社は「これだけの報酬をこの方にお支払いしていますよ」という明細を税務署に提出しますので、結局最後はバレてしまうんですね。
脱税となると違法行為ですので罰金も取られてしまいますし、良い事は一つもありません。
たくさん稼いだら素直に申告しましょう。

会社にバレたくないなら…

昼間仕事をしているOLさんは、出来れば夜間ナイトワークをしている事を会社に知られたくありませんよね?
この場合、確定申告をする時に「住民税に関する事項」と言う書類の「給与から天引き」と「自分で納付」の2種類から選べるようになっています。

ここで「自分で納付」に○を付ければOK!
住民税を自分で納付する手間はかかりますが、こうしておけば勤務先に副業がバレる事はありません。