どんな業界であっても、営業という仕事は避けて通ることができません。
それはキャバクラの世界も例外ではありません。
「銀座のNo.1キャバ嬢」「カリスマキャバクラ嬢」のようなトップクラスのキャバ嬢たちは、
見た目やトークだけでなく、この営業もバリバリやることでその地位まで上り詰めたのです。

ただ、キャバクラの営業は少々特殊です。
同伴アフターといえば聞いたことのある方もいらっしゃると思います。
キャバクラの営業とはどんなものなのでしょうか?
そして、派遣キャバクラの場合はどうなるのかも見ていきましょう。

キャバクラの営業は多岐にわたる

イベント前に顧客にメールを送る、電話を掛ける、ラインで連絡を取る、同伴出勤する、ドリンクをたくさん奢ってもらうなど、
様々な営業努力でお店の売上げに貢献するしかキャバクラ嬢の生き残る方法はありません。
一日に数百通のメールを送る在籍キャストもいますし、せっかくのお休みも顧客とのデートで丸々潰れる事も。
仕事が終わっても顧客と一緒の食事をしたりドライブに出掛けるなど休む暇もなく営業しています。

プライベートを犠牲にしてでも顧客との時間を持っているのは、全て自分の、そしてお店の利益のため。
たくさんのお金を使ってくれる太客に対しては特に、お店の時間外でもサービスしなければなりません。

でも正直、営業は大変です。
楽しい事ももちろんありますが、プライベートな時間を削って顧客とお付き合いするのはしんどいです。
その点キャバクラ派遣なら営業活動をする必要はありません。
それはなぜでしょうか?

派遣はそもそも営業する理由が無い

派遣キャストは派遣会社と契約して様々なキャバクラ店を日替わり、週替わりで巡るいわゆる「ヘルプ」。
だから特定のキャバクラ店に縛られる存在ではありません

もし派遣先のキャバクラ店で営業活動をしてもそのお店でずっと働くわけではないので、基本的に意味がないのです。
だからお店の顧客からメールアドレスや電話番号を聞かれても一切教えてはいけない決まりになっています。

顧客と連絡を取る方法がないため営業のしようがありません。
だからお休みを潰して顧客とデートやドライブをしたり、同伴出勤をする必要はないんです。
プライベートな時間の確保が出来るのが派遣キャストの大きな魅力です。

大学生や短大生など学業を優先させないといけない女の子にとって営業をする必要が無いのは本当に嬉しいです。
なぜならバイトのために始めたキャバ嬢の仕事が忙しくなってしまい、本業に影響が出るケースがあるからです。

でもキャバクラ派遣なら営業は一切無し!
本業に響かないので安心してバイト感覚で仕事が出来るんです。